リサイクルに力を入れてエコに貢献!

現在注目されているエコのソーラーパネルエコ

エコのソーラーパネルエコとは、太陽電池の原理を利用して再生可能エネルギーを作る電源システムです。太陽電池の応用例として太陽光発電があります。太陽電池の原理は、正極と負極の半導体を張り合わせて接合したところに電極をつないで、太陽光を当てると、起電力が生じるものです。実際の太陽光発電システムでは、この原理で発生した電力を電力変換器を通じて電気機器に供給するシステムとなっています。初めて開発されたときのエコソーラーパネルは、山岳や離島などの電力供給が困難なところにおいては、自家発電といった独立したシステムで使われていました。世界の発展途上国においても村の電力を担うシステムとして利用されることが多いとされています。日本でも、2年前の大震災をきっかけとして太陽光発電のニーズが高まっています。エネルギー業界でも、エコを利用したソーラーパネルの研究開発を進めていて、実際に企業や家庭でも取り付けが進んでいるところもあるとされています。

そもそもエコソーラーパネルシステムは、自家発電のシステムと既存の電力と組み合わせたシステムとに大別することができます。それは、停電になったとき、電力のバックアップを行うことが可能です。なお、前者と後者の利用比率は、日本では後者の方が圧倒的に多くなっていることが現状です。ソーラーパネルのメリットは、石油資源の節約ができ、地球温暖化の原因物質の濃度を低くすることができます。デメリットは、その日の発電量が、天候や周囲の障害物に左右されやすく、研究開発や施工面においてもコスト高となってしまいます。

停電のときも安定した生活が送れるためには、家庭と電力会社との電力のやり取りが必要のことのようです。今後期待することは、停電になったときのために、売り預けた電力を夜間や曇天・雨天の日に買い戻す練習も考える必要があると思います。また、色素溶液を利用した太陽光発電システムの考案などコストを下げる議論も期待します。