リサイクルに力を入れてエコに貢献!

ソーラーパネルエコからエコを考えてみる

エコを考える時に太陽光発電を利用したソーラーパネルがあります。例えば、住まいの屋根にソーラーパネルを設置して、太陽光からの電気を蓄積して家庭で利用する事が可能です。まず、太陽電池を並べてパネル状にしたソーラーパネルのモジュールに太陽光から電力が蓄積され、接続箱を通って、パワーコンディショナーへ供給されます。そこで「直流の電力」から家庭で使える「交流電力」に変わります。その電力が屋内の電気の分電盤に入り家庭内で利用可能となります。この電力が余った分は電力会社が10年間買い取りをしてくれます。また地域によって夜間の電力が安いので、夜間の電力を利用し日中の電力を売るとゆう方法です。そして、住まいに設置するソーラーパネルの料金によっては国や自治体から補助金も出ます。太陽光を使う事によって、色々なエコが産まれます。まず石油資源の利用の削減もできます。そしてCO2の削減にも繋がります。年間にすると、かなりの量が削減されます。これがソーラーパネルエコです。

ソーラーパネルには、住まいに設置する物だけではなく携帯電話端末などにも利用されています。太陽電池を利用したもので、太陽光で充電が可能です。また太陽光を利用卯していると、停電時に役立ちます。パワーコンディショナーを「自立運転モード」切り替える事で、太陽光電力が利用可能となります。災害時にも役に立ち便利です。エコと便利さ、お得を兼ね備えたソーラーパネルエコです。数少ない資源を守る為、自然環境を守る為にも今後重要なアイテムです。

おすすめ