リサイクルに力を入れてエコに貢献!

ソーラーパネルエコ発電の普及

震災以降、ソーラーパネルエコ発電が増えてきましたね。自治体や企業が主導となり、各地にメガソーラーが設置されています。太陽光発電はCO2を排出しないエコ発電ですから、京都議定書以来、CO2削減を目指している日本としても推していきたい発電手段です。脱原発を将来的に目指すにしても、代替の発電はエコであるほうが望ましいですから。ソーラーパネルを使った発電は、一般家庭でも取り入れられています。屋根の上にソーラーパネルを設置している家も昔に比べたら増えました。一般家庭のソーラーパネルは、太陽光発電したエネルギーをお風呂や家電で普通に使えるしくみになっています。しかし、天候が悪かったり発電できない夜間のために、電力会社からの電気の供給はカットすることができません。ただし、逆に太陽光発電で余った電力を電力会社に買ってもらうことができます。

さて、ではソーラーパネルはどういうものを選べば良いのでしょう。一番大事な要素は耐久性です。ソーラーパネルは一度設置すれば永遠に使えるものではありません。雨風に晒されているわけですから、経年劣化は避けられません。そうなるといずれ買い替えが必要になりますが、せっかく高額をかけて設置するのですから、長持ちする商品を使いたいですよね。結果的に買い取ってもらった電力で元がとれるにしても、です。私の個人的な希望では、ソーラーパネルを電力会社がリースしてくれるのが望ましいと思っています。電力の買取額を全額リース代と設置料に当てることにして、個人の家庭の屋根で発電すれば、ぐっと電力会社の負担も少なくなると思います。